天然素材の醍醐味は何といっても、使うごとに味が出ていくことである。

また、同じものが2つとないことが多くの革ファンを作り上げている由縁です。

特に、ココマイスターのマットーネ皮革と内装に使われている、ヌメ革は表面にほとんど加工を施してないないため、牛が生きていたころについた傷や血筋などが残っており、使い込むごとに味が出ていき、半年程度でも新品時とはかなり大きな違いを見せてくれます。

味がでるごとに愛着が出てきて、愛着が出てくると味を出したくなる。

革製品と向き合うには最適の天然素材です。

2013-07-18_131641

最高の技術を持ってお客様の為に1点1点丁寧に縫製する。

機械じゃなく手作りで作るからこそ生きるのが革製品だと思う。

部位により質感が異なり、張力も異なる。

機械はこれらを無視して製品化するため、長年の使用に耐えることはできない。

運が悪ければ、3カ月で壊れてしまう。

私の作る製品は50年の技術によって培われた、一生涯使える製品なのである。

ココマイスターを通じて、”本物”の革製品を知っていただきたい。

ココマイスターの製品を購入するということは、

手作りにしか出来ない良さを知ることになるだろう。

001 (8)